立地や相場から見る横浜エリアの葬儀情報

横浜の葬儀は、ほかの地域に比べると、斎場を利用する葬儀が多い傾向にあります。横浜は、住宅密集地やアパートやマンションが多く、自宅で葬儀を行いにくい環境にあることが要因となっています。横浜には、いくつかの公営斎場があり、これらの施設を利用することで、費用を抑えることができます。葬儀にかかる費用は、全国平均が129万円といわれていますが、神奈川県は、平均よりやや下回る128万円が葬儀費用一式にかかる費用となっています。ただし、葬儀費用一式といっても、飲食接待費や火葬料、僧侶へのお布施などは含まれていませんから、200万円を超えることも少なくありません。比較的、低料金で行うには、市民葬や区民葬など、自治体の補助を受けるケースで、民間の業者に依頼するよりも費用を抑えることができます。

葬儀にかかる費用を抑えるためには

葬儀を行うのは、人生で数回しかありません。初めて執り行うという人も多く、葬儀業者から高い金額を提示されても、それが当たり前だと思って、支払ってしまうことがあります。急遽葬儀を執り行うことになったわけですから、ほかの業者を調べる時間もなく、かなり高額な費用がかかるケースも少なくありません。ただ、よく調べてみると、低予算でも葬儀を執り行うことは可能で、きちんと知識を持っておくことが大切です。葬儀費用の平均的な相場として、地域や葬儀社、内容の要素で構成され、これらを総合したものが総額となります。多くの業者は、お葬式一式費用と、寺院の費用、飲食費用は別途費用が発生することが多いため、見積もりよりも多く請求される場合が少なくありません。そのため、見積もりを依頼するときには、なにが費用に含まれているのかをきちんと確認しておくことが大切です。

良いお葬式を執り行うためには斎場選びが重要

今では、当たり前のようにお葬式というと斎場で行う風習がありますが、少し前までは自宅で行うのが主流でした。ただ、最近は、マンションやアパートなどの集合住宅に住む人も増え、以前に比ベルト斎場で執り行う人が急激に増えています。公営の斎場は、行政が運営を行っていますから、費用を安く抑えることができますが、需要が高いため、希望日に必ずとれるとは限りませんし、少し待つ場合が多いといえます。また、一般の斎場に比べると、立地条件が悪い場合もあり、参列する人のことを考えた場合には、安いからという理由だけで即決することは避けた方がよいでしょう。また、場所によっては、葬儀会社を指定されることもありますから、事前に利用可能な葬儀会社を確認しておくことをおすすめします。